現在販売されている育毛剤を日本皮膚科学会発表のガイドラインを元に比較します

最新のガイドラインを元に育毛剤を比較

最新のガイドラインを元に育毛剤を比較

テレビ、Web、電車の中吊りとありとあらゆる場所で見かける育毛剤の広告。4000億円市場とも言われるヘアケア業界の規模の大きさが伺いしれます。ただ、育毛剤も千差万別で成分から配合、組み合わせ。先進技術の導入などあまりに色んな種類の育毛剤が登場している現在、自分に最適な一本を見つけるには大変な労力がかかるものと思います。

特に天然成分と書かれている育毛成分が配合されている育毛剤に関しては、効果に関してしっかり詳細な研究がなされているかと言うと、そこまで巨額の費用を投資して研究というのは殆どないのが実情です。研究すれば結論は出るでしょうが天然成分と分類される成分は製造特許などで独占することが難しいこともあり、発毛する可能性が高くても信頼できるデータが揃わないというのが現実です。

一体信頼を寄せることができるものなのかがわからない。そんなことが今まで続いていた育毛業界ですが、日本皮膚科学会という皮膚医療の最先端研究されている学会からAGAの治療のための信頼が置ける治療法についてのガイドラインが2010年に作成されました、。それが、男性型脱毛症診療ガイドラインです。