ハゲたからってヘアケアを怠るのは愚策。むしろヘアケアをより大事に行わないと髪の毛がかわいそう。

ハゲてもヘアケアは大切

おしゃれハゲのススメ

薄毛やハゲはどんな年齢でも気になるものです。生え際が後退しとと気づいたときは特にショックが大きいもの。それでも、気に病んでも仕方がありません。前向きにおしゃれを楽しみましょう。…とは言うものの、薄毛を受け入れたとしても、髪の毛をほったらかすのもよくありません。薄毛が気になりだしても髪の毛とは今後も長く付き合っていくもの。髪の毛のケアもしっかりやっていきましょう。

薄毛が進んでくるとどうしても髪の毛の太さや強さが失われていきます。そこをヘアスタイルで整えていくのと同時に抜け毛を抑えることができればヘアスタイルを長く楽しめます。

スカルプ(頭皮)ケアについて

スカルプ(頭皮)ケアについて

スカルプ(頭皮)ケアというとまずはシャンプー、そして育毛剤での頭皮マッサージと言ったところでしょうか。シャンプーや頭皮マッサージによる頭皮ケアは頭皮環境を改善するには当然必要なことです。ただ、そのやり方を間違えると逆効果になることがあるので頭皮ケアの方法をしっかり学びましょう。

育毛シャンプーについて

育毛シャンプーについて

薄毛、ハゲに悩まされてる方は今も多くいらっしゃいます。ヘアケア市場は年間4000億円を超えると言われており、巨大なマーケットです。それだけに大小様々な企業が育毛シャンプーを販売しているのですが、基本的に育毛シャンプーと名はついてても育毛効果が実際に得られると認められるものはそう多くはありません。それでは、育毛シャンプーなんて名ばかりなのかというとそうではありません。育毛シャンプーで最も大切なことは頭皮環境を整えること。つまり頭皮ケアの要が育毛シャンプーとういことになります。

育毛剤の選び方

育毛剤の選び方

4000億円市場のヘアケア業界。育毛剤も千差万別。あまりに色んな種類の育毛剤が登場しているので一体どれが自分にあっているのか、どの成分が有効成分なのかよくわかりません。

特に天然成分と書かれている育毛剤に関しては本当にそれが効果あるのかどうか研究がされている成分は殆どないのが実情です。研究すれば結論は出るでしょうが天然成分の性質上、製造特許などで独占することが難しいこともあり、発毛する可能性が高くても信頼できるデータが揃わないというのが残念ながら現実です。

育毛剤として信頼性の高い天然成分の一つとしてノコギリヤシエキスがあります。ノコギリヤシエキスに発毛成分としての効果が見込めるのは、AGA治療薬として認可を受けているプロペシアという内服薬の主成分がノコギリヤシの成分研究によって合成に成功したした成分だからです。そんな成分を含んでいるノコギリヤシエキスの育毛剤なら効果は高いだろうと思われるのが普通でしょう。しかし、このノコギリヤシエキス、その原料であるノコギリヤシは多くの亜種が存在しており、その育毛剤に含まれているノコギリヤシエキスの原料がプロペシアの研究の元となった成分を含んでいる種類のノコギリヤシである保証がないというのが問題になります。

あまたある育毛剤。でもどれが一体信頼を寄せることができるものなのかがわからない。そんなことが今まで続いていました。そんな育毛業界を憂いた日本皮膚科学会という皮膚医療の最先端研究されている学会からAGAの治療のための信頼が置ける治療法についてのガイドラインが作成されました、。それが、男性型脱毛症診療ガイドラインです。

AGA治療薬について

AGA治療薬について

CMでもよく目にすることが増えるようになり、一般にも普及した印象のAGA(男性型脱毛症)。このAGAの治療目的として認可を受けている医薬品がAGA治療薬です。一般的な市販されている育毛剤や育毛シャンプーとの違いは、信頼できるエビデンスがあり、AGA治療薬として医薬品の認可を受けていることと、内服薬であるという点でしょう。

リアップで有名なミノキシジルの使用法は育毛剤と同じ外用薬として皮膚に塗布する塗り薬が有名ですが、元々は経口服用の内服薬です。それ以外のAGA治療薬であるフィナステリド(商品名:プロペシア)とデュタステリド(商品名:ザガーロ)に至っては内服薬のみです。