現在AGA治療で最も用いられ、成果を上げているのがAGA治療薬です。

AGA治療薬について「プロペシア、ザガーロ、ミノキシジル」

AGA治療薬について「プロペシア、ザガーロ、ミノキシジル」

ミノキシジル(ミノタブ)、プロペシア、ザガーロ。髪の毛を気にしている方は一度は聞いたことがある単語ではないでしょうか。これらはこれまで確実な治療法がなかった男性型脱毛症(以下AGA)の治療を可能にしたAGA治療薬です。これらAGA治療薬が登場するまでは明確な治療法というのは確立されていませんでした。

AGA治療薬が登場し、AGAの治療法が確立されると、テレビCMをはじめとした啓発活動が積極的に行われ、その成果もあってAGAという言葉の認知度が上がり、治療もできることが知られるようになりました。

AGA治療薬と育毛剤の違いというのは明確な線引はありませんが、区別すると以下のような違いがあります。

AGA治療薬と育毛剤の違い
AGA治療薬育毛剤

AGA治療を目的とした厚生省認可の医療用医薬品

※ミノキシジルは除く

一般医薬品として薬局で市販されている

明確なエビデンス(臨床試験などによる作用の根拠)がある

信頼に足るエビデンスが少ない

※ミノキシジル、アデノシンは除く

内服薬である

※ミノキシジルは外用薬もある

外用薬(塗り薬・ローション)である

「男性型および女性型脱毛症ガイドライン2017年度版」での評価がA評価

※ミノキシジルの内服薬はD評価

「男性型および女性型脱毛症ガイドライン2017年度版」に記載されていない有効成分が多い

と言った違いがあります。

ミノキシジルを除くAGA治療薬も、今後塗り薬など外用薬としての処方が有用であることが確立すれば、外用薬としての利用も考えられますが、現時点では内服薬のみになります。