かっこいい髭はおしゃれハゲを際立たせる

おしゃれハゲは髭を生やす

おしゃれハゲは髭を生やす

髭を生やすと男が上がる。そんなイメージを浮かべるでしょう。男前に、渋く演出してくれる髭。薄毛でも髭を揃えると印象は変わります。薄くなってしまう顔の印象を強調したり視線を生え際から避けさせたりと心強い味方でもあります。薄毛でも堂々として自信がある人は髭を生やしていることが多い印象があります。

髭の生やし方、生やす場所でその雰囲気は大きく変えることができます。ビジネスシーンでもヒゲを生やし、しっかり整えると、その人の信頼度に直結するイメージが変わりますからどんどんチャレンジしてみましょう。特に童顔の方がもう少し渋く決めたいというときにヒゲを生やすことはとても有効な方法です。

ヒゲをおしゃれに手入れするグルーミングツール

ヒゲをおしゃれに手入れするグルーミングツール

初めてヒゲを生やすと言ってもただ剃らないだけでは雑で清潔感の損なわれた無精髭になります。それではおしゃれとはとても呼べません。おしゃれであるからには日頃のお手入れが必要です。ヒゲを手入れするために必要なツール、グルーミングツールを揃えましょう。

初めての人にはおすすめの顎ヒゲ

初めての人にはおすすめの顎ヒゲ

初めてヒゲを生やすとき最初は顎ヒゲからトライするといいと言われます。初めてヒゲをはやそうとすると、どうしても慣れないものです。そこで口ひげや頬髭に比べて顔の印象がそれほど大きな変化をせず、多くの人が似合う顎ヒゲがおすすめとなります。顎が小さく男らしさが足らないときなど、バランスを整えるという理由で顎ヒゲを活用するというのもアリです。

顎ヒゲは顔の一番下にアクセントが付くので視線を下に誘導しやすいことから、薄毛対策としてとても有効です。ただし、あまり伸ばさないことがコツです。顎ヒゲを伸ばしすぎると老いた印象がついてしまいます。