マフラー・ストールは首元にアクセントを付けるには最適なアイテム

首元のマフラー・ストールでアクセントを付ける

首元のマフラー・ストールでアクセントを付ける

秋冬の定番、マフラーとオールシーズン活躍できるストール。どちらも首元にアクセントを付けるには最適なアイテム。数年前はマフラーは巻くけどストールを巻いたことはないという男性がほとんどでした。一部のおしゃれに気をかけている人にとってはマストアイテムという印象でしたが一般的ではなく、また、ストールは男性よりも女性が巻いているイメージが強かったように思います。

最近はストールを巻いてる男性も日常的に見かけるようになってきて、一般的な浸透も進んだのかなという印象があります。男性のストールに違和感が消えつつある今の流れにおしゃれハゲもより日常的に気兼ねなくストールを使うタイミングが来たと言えます。

秋冬に使い勝手と実用性の高いマフラー。オールシーズン使えて、オシャレさを一段引き上げるストール。首元のおしゃれを楽しむアイテムです。

秋冬に最適なマフラーを上品に使いこなす

秋冬に最適なマフラーを上品に使いこなす

秋冬となるとどうにも地味な色のコーディネートになりやすくなってしまいます。そこにちょっとした対象的なパターンやカラーを入れると良いアクセントに。そのアクセントとして、マフラーは秋冬に活躍できる最適なアイテムです。

マフラーはバリエーションが豊富。単色でも自由なカラー、チェックやストライプ、グラデーション。生地もウール、カシミヤ、といった毛糸からナイロン等の化繊。寒さがゆるくなってきても使えるタオル生地のタオマフなど、折り方一つでその手触りや模様も多様性があります。

ストールを使いこなせばおしゃれハゲはより自由になれる

ストールを使いこなせばおしゃれハゲはより自由になれる

マフラーと比べて幅広で大判のものとなると1辺150~180㎝の正方形のぐらいのものもあるストール。最近は男性でも季節を問わず見かけるようになりましたが、実際に使用している人はまだこれからという感じではないでしょうか。

幅広な特徴を活かしてそのまま肩にかけたり、2つに折ってマフラーと同様に巻いたり。その折り方も水平に折ったり対角に折ったりすることで多様なデザインを豊かに表現することができます。

生地もシルクやコットン、ウール、リネンと様々。生地によってその見た目も大きく変化するのが魅力のストールです。