ハゲたらおしゃれができない??いやいや、そんてことはないでしょう。むしろもっと自分を磨けるチャンスが到来したのだ

おしゃれハゲでいこう

ハゲてるからこそのおしゃれ

ハゲてるからこそのおしゃれ

「薄毛が気になるあまり身だしなみを気にしなくなってしまった。」

「薄毛を見るたびに自分に自身が持てなくなってしまった。」

そんな落ち込んでいるとその自信のなさが外からも垣間見えてしまいますよ。特に身だしなみは表に現れてしまいます。薄毛だ、ハゲだと気にして隠そうとすると逆効果。逆に気を使わせてしまいます。

年齢を重ねるとどうしても髪の毛の太さや、おでこの生え際を気にしがちになります。それは多かれ少なかれ、男ならば誰でも気になるところ。年齢によってファッションが変化すると同じように髪の毛の具合によっても変化していきます。

ハゲで失ってしまった自信はハゲで取り戻しましょう。大丈夫。ハゲていたってオシャレな方はたくさんいらっしゃいますし、逆にハゲてるからこそのおしゃれを楽しんでいる方もたくさんいらっしゃる。おしゃれだからこそハゲてることが自信につながる。おしゃれはハゲてることを力を与え、更にハゲが強みに変える。薄毛だからこそ、自信が持てるかっこいいおしゃれなハゲを目指しましょう。

ハゲてるからこそのおしゃれを知ろう

ハゲてるからこそのおしゃれを知ろう

髪の毛が薄くなってきたりおでこが広がってきてしまうとどうにも全体的に締まらないなんて思ってしまうことはありませんか?それは、髪の毛の変化によって今まで合わせていた身だしなみが合わなくなってしまったためです。髪の毛の変化に合わせてファッションも変化させておしゃれをしていきましょう。大丈夫。おでこが広がっても、髪の毛が薄くなってもそれに似合うふさわしいファッションやヘアスタイルがあります。自身を持てるコーディネートがあります。

だからといって、今まで着ていた服を捨てる必要はないです。今来ている服や今までのおしゃれを捨てる必要はありません。髪の毛が薄くなっていく。ハゲが目立っていくことで起こる変化に合わせていけば今まで通りかっこよくおしゃれにキメることができます。

ハゲは隠すべき?出すべき?

ハゲは隠すべき?出すべき?

ハゲというとどうしても隠してしまいがち。だけど、そこはあえて表に出して行きたいところ。むしろ表に出せなきゃおしゃれハゲになれない。おしゃれだからこそ、ハゲている。そうあるべきです。でも、全部を見せるのはちょっと腰が引けるなぁ…なんて思ってしまうこともある。そんなときはおでこだけを出してハゲをアピールしつつもおしゃれさを漂わせるなんて言うのもテクニックだったり。おでこがキュート。なんて思わせるアイテムは色々あります。帽子、めがね(アイウェア)、ヘアスタイルも整えておでこに磨きをかける。首元にワンポイントなんてのもあり。マフラーにストール、シャツを着るならネクタイなんかもアクセントに。そうやっておしゃれにハゲをキメていきたいところです。

ハゲてるからこそ似合うアイテム

ハゲてるからこそ似合うアイテム

髪の毛が薄くなってくると印象が変化してきます。身だしなみを薄毛の状態に合わせて行かないと印象が悪くなっていく一方です。印象が悪くなると頭に視線を集中させてしまうことになります。それは自分からもわかってしまう視線です。人にハゲを見られているということが精神的負担になってしまうことは自信も失うことになります。そうならないために、うまくアクセントとなるアイテムをつかって視線を変えます。

アイテムを使うにあたって重要なことは視線を下に落とすことです。頭から視線を下に向ける。視線を下に落とすことで、あなたの印象を頭だけではなく全身で印象を与えます。ハゲも含めて良い印象を与えます。

ハゲてるからこそキマるおしゃれなコーディネート

ハゲてるからこそキマるおしゃれなコーディネート

コーディネートはなかなか難しいと思う方も多いと思いますが、考え方は色々あります。雰囲気から入る。アイテムから入る。髪型から入る。そのコーディネートは人それぞれ。なかなか迷うところだと思います。

コーディネートで重要なことは、いつもとはちょっと違うことを考えることだと思います。いつも着ている服に何かを加える、ちょっと変化をつける。そんなところから最初は始めると失敗しないでいけます。

トレンドを追う、季節に合わせる。その時にちょっと自分で思った変化を加える。そうすることで自分好みのコーディネートって見つかっていきます。

ハゲてもヘアケアは大事

image

薄毛が気になる、生え際が気になる、ハゲが進行してきてしまった。それでも自分にあったスタイルがあれば気にならない…とはなかなか行かないもの。おしゃれハゲを目指して、今の自分にあったファッションをキメててもやっぱり気になってしまう頭髪。気にしすぎることは良くないけど、気になるならファッションと同じようにヘアケアもとことんやっていっちゃいましょう。少しでも薄毛の進行を止めたり、発毛を回復できればそれはそれでまた気分がいいもの。だから、ヘアケアを学んじゃいましょう。

薄毛が進行してしまったら最終的にはスキンヘッドにするかかつらにするかといった感じでヘアスタイルを楽しむことができなくなってしまうのはそれはそれで寂しいものです。別にスキンヘッドだからっておしゃれじゃないというわけではありません。かつらもウィッグとして考えれば十分ファッションの一つとして考えるべきアイテムです。ただ、現在の薄毛の状態はその状態として受け入れるにしてもそれ以上の進行を進めたくないという心理はどうしても拭えないものですから、その精神的な負担はやっぱり軽くしたいと思うものです。

育毛シャンプーの使い方。頭皮を清潔にしておくことはやっぱり大事

育毛シャンプーの使い方。頭皮を清潔にしておくことはやっぱり大事

頭皮をきれいにする、髪の毛の汚れを落とす。シャンプーで髪の毛にできる良いことは頭皮環境を改善すること以外ではあまりありません。発毛を促進したり、髪の毛を太くするということはシャンプーでできるものはあまりありません。でも、環境が悪化したらそれはそれで髪の毛に良くないことも事実。また、発毛の促進はできなくても、脱毛を抑制することは育毛シャンプーでは可能とされるものがあります。少なくとも髪の毛に対して無意味ではないということです。

育毛剤の使い方。正しく使って正しい育毛

育毛剤の使い方。正しく使って正しい育毛

育毛剤は大手化粧品メーカーからネット通販、医薬品メーカーまで様々な商品が登場しています。ここまで色んな育毛剤が登場すると一体どれを選ばばいいのかよくわからないというのが本音じゃないでしょうか。正直個人的な判断でどれがいいのかというのは全く判断できません。

ここまで多くの育毛剤が登場しているのは、それだけ髪の毛に悩んでいる方が多いということでもあります。どの育毛剤を選ぶべきなのか、どういった成分が本当に薄毛・脱毛に対して治療効果があるのか。このとても難しいテーマに対して一つのガイドラインがあります。それが日本皮膚科学会が発表している男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン というものです。

日本皮膚科学会が発表しているこのガイドラインを元に育毛剤を評価することで、どの商品を使用すればいのか判断できます。

AGA治療薬。AGA治療の救世主

AGA治療薬。AGA治療の救世主

AGA治療薬はAGAの治療のために開発されたまさに薄毛・ハゲに悩まされている方の救世主とも言える治療薬です。AGA治療薬によって、発毛が回復した方、薄毛が減ってコシのあるつややかな髪が戻ったという方が多くいらっしゃいます。

現在AGA治療薬として利用されている治療薬は3種類あります。ただ、最初はどのAGA治療薬もAGA治療のために開発されたものではなかったようです。もともと異なる病気に対しての治療薬として研究されてきた中で起きた偶発的な副作用に発毛作用やAGA治療作用が見られたことで当初の作用とは異なった治療に用いられたのが現在のAGA治療薬です。

医薬品というのは研究する中で当初の想定していた作用とは違った結果がよく出ます。その作用が有効ならば当初の研究から変更して治療薬が開発されるということはよくあると言われます。

ハゲ(AGA=男性型脱毛症)について

ハゲ(AGA=男性型脱毛症)について

多くの男性にとって宿命の課題とも言える薄毛・ハゲ。現時点ではまだ薄毛の兆候は出ていなくてもふと生え際を気にしてしまったり、ちょっと薄くなってしまっていないかと気にかけたりしてしまうものです。季節によっても抜け毛の数は変化するというので、その時々で抜け毛が多く見えてしまって不安になったり。シャワーの痕の排水溝をふと眺めてしまったり。ちょっとした髪の毛の変化に男は敏感なものです。

薄毛・ハゲの原因の殆どはAGA(男性型脱毛症)と考えられてます。また、AGAでなくとも加齢によって60歳をすぎると老人性脱毛症を発症する可能性が高くなります。AGAは特定の男性ホルモンを起因とする脱毛症で、男性であるからにはAGAがつきまといます。ただ、遺伝による要素も強いと考えられているので、家族や親戚にハゲの人が少なければそれだけAGAの可能性は低いと考えられます。ただ、とある長年毛髪に関して研究を続けている研究者によると、どんな対策を施そうともハゲるときはハゲるし、現在よく言われている予防法などはほとんど意味をなさないということなので、その時はその時とあまり深く考えないほうが良さそうです。

老人性脱毛症については老化現象の一種であり、男女問わず発症する可能性のある脱毛症です。脱毛症にならなくとも、年齢が嵩むと必然的に髪の毛は細くなっていきます。また、老人性脱毛症を発症したことがきっかけとなってAGAを併発するといったこともあるようです。